三井のリハウス

増税前に家を買った方がいいのかどうか



消費税増税が何かと話題になりますが、住宅購入を将来検討している人は特に
増税前に家を買った方がいいのかどうか」が迷うところですね。

住宅は人生で最も高い買物だけに、失敗したくありませんね。
「消費税率アップ」と文字に踊らされて焦って購入する必要はあるのでしょうか。


増税というと、購入価格に対してと思われがちなのですが、実際は、
不動産価格のうち、消費税が課税されるのは建物部分のみで、土地代については消費税はかかりません。


例えば、税抜き価格4000万円の一戸建てを購入する場合、土地代が2000万円、建物代が2000万円とすると、消費税の課税対象となるのは2000万円ということになります。
その他、引っ越し代や家具購入費、登記費用の一部などの諸費用が100万円ほどとして、消費税がかかる額は約2100万円。


現在は消費税率が5%なので、消費税額は105万円となります。
2014年4月に消費税率が8%になると、消費税額は168万円。
つまり税率アップによる負担増は63万円程

また、2013年で終了する予定だった住宅ローン減税が延長・拡充されることになりました。
住宅ローン減税により、消費税アップ分のカバーも視野に入れることができます。


無理な資金計画を立てると失敗する


住宅購入を予定より早めることで、無理な資金計画を立ててしまうこともあります。
ギリギリの返済計画を立ててしまうと、最初は大丈夫だと思っても、思っていたより生活がキツイ!ということは多々あり、住宅ローンが生活の重荷になってしまうことがあります。

家族構成が決まってからでも遅くない

独身者、結婚前のカップル、新婚さんは、家族が増える可能性があります。
そうすると、お部屋のプランはガラリとかわるので、家族構成が固まった後の方がマイホームは選びやすくなります。


住宅購入は、生活に大きくかかわってきますので、消費税増税に惑わされないように慎重に・・・!