住宅ローンを断られた。その原因・理由のひとつとして・・・|住宅ローン<変動・固定>優遇金利比較

住宅ローンを断られた。その原因・理由のひとつとして・・・




「当然借りられると思っていた住宅ローンを
銀行から断られた。でも、理由を教えてくれない。」

こういった体験をしている人も多いと思います。

考えられる理由のひとつに、キャッシングローンのやクレジットカード
の返済に問題があったかもしれません。

 信用情報機関というのをご存じでしょうか。
個人のショッピングローンやキャッシングローン
といった信用情報を収集している機関で、
ローンを審査する銀行や消費者金融は、
ここに蓄積されたデータを参照しな
がら審査を行います。


信用情報機関には、
・消費者金融系の日本信用情報機構(JICC)、
・クレジットカード系のシー・アイ・シー(CIC)、
・銀行系の全国銀行個人信用情報センター(KSC)

などがあります。


もちろん、本人であれば直接行くか、
郵送で情報を関示してもらうことが可能です。
あなたの借入状況や返済状況で問題があった点が、
一目瞭然で把握できます。


銀行が利用するのは、全国銀行個人信用情報センターで、
その開示書には、キャッシングやその他ローン(教育ローン、マイカーローンなど)、
クレジットカードの利用状況、や延滞状況を把握できます。
現在借入しているローンの残高が多かったり、
延滞の記録が残っていると
当然、住宅ローンの借入れは難しくなります。


 消費者金融系の日本信用情報機構「JICC」の場合で
チェックするのは、右端の「異参サ内容≒異参サ発生日」と書かれている欄。
 これは「異動参考情報」と呼ばれるもので、
支払いを延滞した人はその期間中掲載され続けるほか、
法的手続きなどを取った場合にも、
「債権回収≒破産申し立て≒民事再生」など
処理方法が基本的に5年間、掲載されます。


 クレジットカード系のシー・アイ・シー(CIC)の場合は、
「お支払の状況」欄のなかの「返済状況」が特に重要。
成約」と書かれていれば問題はありませんが、
「異動」と記載されていると、長期にわたる支払いの遅れや
債務整理、保証債務の履行(保証人や保証会社による弁済)、
そして破産手続きが開始決定されたことなどを意味します。

 その下に記号がたくさん並んでいるのは、「入金状況」で、
2年間の返済状況を示しています。
「A」〜『C」のマークは理由別
の未入金を表したもの。つまり延滞を表しています。

このように、信用情報機関により、あなたの今までのローンやクレジットカードの
利用に対する姿勢を把握されているわけです。


ですので、日ごろからローンの返済やクレジットカード
の利用には、気を付けなれければ、なりません。


延滞があっても3年目には記録が消えます


 ただ一度、延滞したからといって
引き落とし口座が残高不足などの場合もあるため、すぐにマークされる
わけではありません。半月後に再度引き落としができれば大丈夫です。
また、銀行側も、理由を説明すれば、臨機応変に対応したりします。

さらに、延滞の記録があっても、2年分しか掲載されないので、
たとえ延滞したとしても3年目には記録が消えます。

次の住宅ローンの申請に備えて、利用していないクレジットカードやキャッシングカードは、解約した方がよいでしょう。


気になる方は、一度、信用情報機関に足を運んでみるのもよいかもしれません。