新築住宅購入、平均約3490万円=親子同居の意向は微増―国交省調査|住宅ローン<変動・固定>優遇金利比較

新築住宅購入、平均約3490万円=親子同居の意向は微増―国交省調査



住宅ローン関連の気になるニュースをピックアップ!
国土交通省は30日、2008年の住まいに関する総合調査結果を発表した。新築の一戸建てやマンションの購入に掛かった全国平均費用は3493万7000円で、03年の前回調査比で354万8000円減少した。また、高齢になった際、子どもとの同居や、子どもの近所に住みたいとした世帯主は、ともに2割弱で、前回から微増した。
 調査は5年ごとに行い、今回は全国9万6845世帯を対象に、08年12月1日現在の状況を聞いた。回収率は86.0%。 
出所 yahooニュース 2010/06/29


平成20年住生活総合調査について―国交省調査
http://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000035.html