変動金利と固定金利の仕組み|住宅ローン<変動・固定>優遇金利比較

住宅ローンの変動金利・固定金利の仕組み



住宅ローンの変動金利か固定金利を選ぶ基準は、金利動向の将来予測次第ですが、
景気がよくなる傾向の場合は、固定金利、景気が悪くなりそうなときは、
変動金利を選ぶのが一般的です。
ですが現状は、日本の金利の動向を見て、変動金利に人気が集中しているようです。

◎住宅ローンの変動金利  


変動金利は、半年に1度金利を見直し、途中で返済方法の変更をしない限りずっと
半年ごとに金利が適用されます。
変動金利は、金融期間が優良企業に貸し出す期間1年未満の「短期プライムレート」
に連動するタイプが多くなっています。固定金利に比べ、金利は低めに設定されています。


変動金利は半年ごとに見直されますので、金利が上昇すれば、
変動金利にも反映しますので返済金額も増えます。
ですので、長期的な返済プランが立てにくいという面があります。


金利が上がると返済金額もアップしますが、変動金利型の場合、
金利が見直されても、月々・ボーナスの返済額については、
5年間変わらないという「5年ルール」があります。

金利が上がれば、月々・ボーナスの返済額も当然上がると考えますが、
変動金利の場合、この「5年ルール」によって、5年間は、返済額はかわりません。
そのかわり、金利上昇によって発生した利息は、毎月の支払いの元金と利息の
内訳によって調整されます。
つまり、金利が上がれば、支払う利息の割合が増え、
元金がなかなか減らないという現象が起きてしまいます。
そして5年後以降は、返済額が増えてしまいます。


ただ、変動金利だと、かなり低い金利で借りらる点は魅力的です。
変動金利から固定金利への変更の手続きは、比較的簡単にできるため、
今は、できるだけ低い金利で借りて、様子をみて固定金利に切り換えるという方法もあります。

いずれにしても、変動金利で住宅ローンを組むときは、
余裕資金をしっかりと確保しておくことが大切です。


◎住宅ローンの固定金利  

固定金利には、固定金利選択型と全期間固定金利があります。

固定金利選択型は、当初から数年間の金利が固定される住宅ローンです。
期間が、2年、5年、10年と期間を選択できるため
固定金利選択型とよばれています。
例えば、10年固定を選ぶと、10年間ずと同じ金利が適用されます。
その固定金利期間終了後は、変動金利か固定金利を選べるようになっています。




全期間固定金利は、選択した期間はずっと金利が変わらないのが特徴です。
契約時から最後まで、金利が確定しているので、将来の金利の動きを
心配する必要がありません。

長期固定金利の金利水準は、10年ものの国債利回りなど
市場の長期金利を基準としています。変動金利と比べると、金利が高めではありますが、
長期固定金利は、返済中ずっと金利が変わらないので、
返済計画が狂わないという安心感があります。