ハウスメーカーの提携ローンのメリット・デメリット

ハウスメーカーの提携ローンのメリット・デメリット


通常利用されている住宅ローンは【提携ローン】が一般的です。
ハウスメーカー・動産業者の提携ローンとは、ハウスメーカーや不動産業者,販売会社が手続きを代行して、銀行などの民間金融機関と提携しているローンです。

提携ローンはユーザーの手間や時間、或いは余計な出費を抑えると言う意味から利用
される方は多くいらっしゃいます。
しかし、必ずしも提携ローンがベターと言う訳ではありません。
そのため購入前にしっかりと調査する必要があります。


頭金ナシもOK!?


【提携ローン】とは、マンション業者や住宅メーカーなどの住宅供給業者が民間の金融
機関と提携し、融資条件や融資額などをあらかじめ設定した上で顧客に対し融資を提供
する住宅ローンの事です。
提携ローンは【頭金なし】か或いは10%の頭金があれば借入が可能となるため、利用者
にとって大変借り易いローンとなっています。


また頭金が20%以上必要で、借入可能額は購入価格の80%までと制限がある【非提携
ローン】もあります。「手持ち金をあまり使いたくない」と言う方などに利用されています。


提携ローンは民間の金融機関が主体となり、対象物件に対して融資条件や限度額などが
設定されています。そのため、その販売物件に関しては既に審査が終了している状態で資金を借り入れる事が
できますので、大変スムーズに手続きする事が可能となっています。


ハウスメーカーの提携ローンは、購入したい物件や販売業者が決まっていて融資条件が
他社のローンよりも良ければ、利用メリットは非常に大きなものになります。

<提携ローンのメリット>


●ハウスメーカーや販売代理店がローン借入手続きを代行してくれるため、顧客自体手が
 かからない!

●金融機関と業者が対象物件の担保価値を評価して融資枠を設定していますので、顧客が
 物件の調査をする必要もないし、ローン借り入れ手続きがスムーズになり短期間で融資
 実行が可能となる!

非提携ローンに比べると融資条件が有利になっているケースが多い!


提携ローンには以上の様なメリットがありますが、デメリットもあります。
それは・・・

<提携ローンのデメリット>


●ハウスメーカーの商品ごとに設定されている事から他の業者では扱う事ができません。
また、対象物件以外は適用されない事になっています。

ネットバンクのキャンペーン金利の方が金利が安い

一般の方の不動産売買は【一生の買い物】と言われます。
後で泣きを見ないためにも資金計画やローン返済計画、または対象物件の調査などを入念にしておきましょう。

マンション業者や住宅メーカーがすすめる住宅ローンと下記ネットバンクの住宅ローン金利を比較しましょう。ネットバンクのキャンペーン金利の方が金利が安いケースがほとんどです。