保証料とは|住宅ローン<変動・固定>優遇金利比較

住宅ローンの保証料とは?


住宅ローンを借入れする際に、諸費用がかかりますが、
諸費用の中で大きな金額になるのが、保証料です。
住宅ローンの金利や期間でことなりますが、
3000万円で返済期間35年だとすると、約60万円くらいかかります。

民間金融機関の多くは、借入要件として「指定の保障会社の保障を受けること」
が条件となっています。

つまり、保証人を立てる代わりに、保証料を支払って、
万が一返済が滞った場合、金融機関が保証会社から返済を受けることができるようになっています。

保証会社が返済をしてもらっても、私達の債務が免除されるわけではなく、
保証会社へ返済を継続するようになります。


保証料は、借入れ額と返済期間によって決まります。
借入れ額が多ければ多いほど、また、返済期間が長ければ長いほど保証料は高くなります。


保証料の支払い方法は、2通りあり、
借入れ当初に一括払いをする「外枠方式」と、
院利に上乗せされる「内枠方式」があり、その場合、金利に0.2%上乗せされるパターンが多いです。

最近は、保証料が無料で、諸費用を軽減できる住宅ローンも登場しています。