元利均等返済・元金均等返済とは|住宅ローン<変動・固定>優遇金利比較

元利均等返済・元金均等返済とは



住宅ローンの返済には、2つの方法があります。

元金均等返済・・・元金を借り入れ回数で割って、毎回分に対応する利息分をオンするのが元金均等返済。

元利均等返済・・・各回の返済額が一定となるように元金と利息の割合を調整するのが元利均等返済。
総返済額が少ないのは、元金均等返済、ですが、当初の返済額は大きくなります。




一般的に選択されるのは、均等返済です。
その理由は、2つあります。
ひとつは、均等返済は、毎月の返済額が一定なので、返済計画が立てやすいというのがあります。
もうひとつは、元金均等返済に比べて当初の返済額が少なくなる点です。
住宅を取得した直後というのは、住宅取得の諸費用やインテリアなどの買い替えなど
何かと出費がかさむので、均等返済だと返済がきつくなってしまうというわけです。

一方、均等返済は、均等返済よりも元金の返済ペースが早く、
毎月の返済額が段々と少なくなり、結果的にも返済総額は、金等返済よりも
お得になります。

どんどん返済できる人は均等返済の方がお得になるとは言っても、
現在の金利水準では、2つの返済方法に大きな差はないのも現実です。

やはり資金計画の立てやすさ、一般的な住宅ローンの返済方法の取り扱いからみても、元金等返済をおすすめします