団体信用生命保険とは|住宅ローン<変動・固定>優遇金利比較

団体信用生命保険とは




団体信用生命保険とは、住宅ローンを借りる人のためにある保険です。

長期間にわたる住宅ローンの返済中に、契約者本人が死亡したり、
収入が得られなくなるような高度障害になってしまった時に、住宅ローンの支払いを免除してもらうために入る保険です。

基本的に、団体信用生命保険(以下 団信)への加入は、融資の条件になっています。

団信の仕組みはどうなっているかというと、
保証会社が保険金の受取人になって、
住宅ローンの債務者を被保険者とする団体信用生命保険契約を
生命保険会社と結びます。
万が一のことが起きた場合に、生命保険から支払われる保険金によって
金融機関に一括返済されます。


団信の加入手続きは、住宅ローンの締結時に、一緒に手続きする必要があります。
提出書類は、「団体信用生命保険による債務弁済契約申込書」と
「申込書兼告知書」の2つです。
一般の生命保険の契約では、医師の診断書が必要ですが、
団信の場合は、必要ありません。

最近では、ガン、脳卒中、心筋梗塞の「3大疾病」で特定の状態になった場合にも
保険金が支払われる「3大疾病保証付団体生命保険」が登場しています。
保険料は、通常のタイプより0.3%程度高くなります。

住信SBIネット銀行の住宅ローンの場合ですと、
、8疾病保証の特約付きの団信の手数料が無料です。
通常なら金利に0.3%以上、上乗せされるものですが、この特約が無料というのは、
かなり魅力的です。10人に6人が3大疾病で亡くなるという現実を考えると、
住信SBIネット銀行の団信は、病気のリスクをカバーできる保険ですね。